株式会社大都

diy factory

ページ先頭へ

ニュースリリース

カインズ広島LECT店のDIY売り場をDIY FACTORYがプロデュース

2017.04.25.

カインズ広島LECT店のDIY売り場をDIY FACTORYがプロデュース
DIYビギナーに優しいホームセンターづくり

株式会社大都(大阪府大阪市生野区、代表取締役社長 山田岳人)は昨年9月に発表した株式会社カインズ(埼玉県本庄市、代表取締役社長 土屋裕雅)との業務提携の一環として、2017年4月28日オープンのカインズ広島LECT店にてDIYの売り場と工房をプロデュースしました。

■DIYビギナーに寄り添った売り場と工房

幅広い商材を広大な面積に展開するホームセンターの資材館はDIYする際になくてはならない存在です。しかし、初心者が気軽にDIYについて相談できる雰囲気の売り場はまだまだ少ないのが現実。一方、体験型DIYショップ「DIY FACTORY」では毎日のようにユーザーがDIYの相談に来たりレッスンを受講してDIYを学んだりと、自宅での実践に結びつけています。
そこで大都は、ともにDIYを文化にすべく業務提携した株式会社カインズの新店舗である広島LECT店にて、DIYビギナーにとって居心地のいいDIYの売り場と工房のプロデュースに携わりました。

■売り場と工房の特徴

(左から、DIY商材売り場・ショールーム・コミュニティスペース)

・プロとDIYを切り分け、DIYビギナーが使用しやすいDIY商材だけに絞った売り場を展開
・潜在層にも「DIYしてみたい!」と関心を喚起させる、ショールーム
・DIY FACTORYセレクトの、本格的な輸入壁紙売り場
・DIY FACTORYで人気のDIYレッスンが受講できるレッスンルーム
・気軽に溶接の体験、ワークショップに参加できる溶接ルーム
・DIYという同じ趣味をもつユーザー同士をつなぐ、工房内のコミュニティスペース

■今後の展開

DIYを文化にするには、一般消費者にとって親しみやすいDIY売り場を備えたホームセンターが全国各地に必要だと考えています。大都はこれからもカインズとこのような店舗展開や、DIYビギナーに役立つ商品の共同開発などを進め、DIYをブームではなく日本の文化として根付かせます。


最新のニュース一覧

レーキの紹介